31マイナンバー制度の本当の意味

マイナンバー制度の本当の意味、本当の狙いはなんだと思いますか?
マイナンバー制度の本当の狙いとは
今まで税金を納めてなかった人たちから、お金をとろうというのが目的です。
今まで収めてなかった人とは、簡単にいうと、夜のお仕事や、ダークなお仕事などです。
そういった税金とは無縁だった人たちからも、税金をとって
日本の借金をちょっとでも減らそうというのが目的です。
確かに飲み屋や風俗で働いてる人は、納税してない人がほとんどですよね?
でも給料でいうと、高額な収入を得ている人も多数います。
そういった人たちから、税金を集めればかなりの金額になります。
そのための制度なんです。
しかし、税金を納めるということは、そのお店で働いていることが周囲に知られるというとこです。
もし、周囲の人たちに、働いてることを話しているのでしたら問題ないのですが
内緒で働いているんだとすれば、住民税が上がるのでバレるはずです。
でもこんなことをしていたら、飲み屋や風俗店は潰れてしまいます。
そうならない為に、夜のお店はマイナンバー対策をするお店が少なからずあるようです。
風俗出稼ぎのデリヘル出稼ぎ店ディーバなどもマイナンバーの対策をしており
働いてもばれないようにしています。
つまり、そういった対策をしているお店なら、納税せずに済むということです。